NEWS ニュース

2022.07.04
お知らせ

元千葉ロッテマリーンズ ・現埼玉武蔵ヒートベアーズ公式解説者による少年野球教室を開催


当社は、ネーミングライツを取得している『レジデンシャルスタジアム大宮』(所在:埼玉県さいたま市)にて元千葉ロッテマリーンズ 清田育宏氏・服部泰卓氏(現埼玉武蔵ヒートベアーズ公式解説者)による少年野球教室を開催いたしました。

本イベントは当社による地域貢献に一環でさいたま市内の少年野球チームを参加し開催されたものです。
当日子どもたちは気合十分、熱心に指導を受けていました。
服部氏はピッチング指導・清田氏はバッティング指導を行い、子どもたち一人ひとりを細かくチェックし、アドバイス・練習を繰り返しました。
野球教室の最後のご挨拶で服部氏は、『野球が上手になることでより野球を深く楽しむことができる。楽しむために沢山練習して強くなってください。』と子どもたちにエールを送ってくださいました。
バッティング指導前のウォーミングアップで前転・後転・側転を指導した清田氏は、『ああいうこと(前転・後転・側転)が完璧にできる小学生は中々いません。完璧にできるようになることで勝手に野球がうまくなっていくと思っています。野球以外の運動も一生懸命練習して強くなってください。』とメッセージを送ってくださいました。

【初対決が実現】
実技を交えて熱のこもった指導していただき、目の前で清田氏のバッティング・服部氏のピッチングに子どもたちからは歓声が上がりました。
服部氏のピッチングの際、清田氏がバッターボックスに立ち、初対決が展開されました。
元プロの本気を見た子どもたちは教室後も両名を囲み熱心に質問をしたり練習道具にサインをもらったりと
笑顔が絶えずキラキラ輝いていました。
今後も地域の皆様と共に子どもたちのための活動を続けていきたいと思います。

【指導者紹介】

服部泰卓
1982年9月10日 大阪府高槻市生まれ
元プロ野球選手。高校時代は徳島県立川島高校のエースとして県大会3位。大学では名門・駒澤大学に入学し、4年生の秋季リーグでは6勝をあげてベストナインに。その後、社会人野球・トヨタ自動車では主力投手として活躍し、アジア大会の日本代表にも選出。2007年、千葉ロッテマリーンズから大学・社会人ドラフトで1巡目指名を受ける。左投げの中継ぎ投手として活躍し、一軍登板は通算73試合。現在は「目標設定・達成」「物事の考え方・捉え方」など、自身の野球人生で学んだ数多くのテーマを中心に、独自の視点からビジネスに置き換えて、主に企業の社員育成や新入社員教育に特化した講演を中心に活動中。また、プロ野球選手専門で資産形成も担当している。

清田育宏
千葉県鎌ヶ谷市出身の元プロ野球選手。2009年にドラフト4位で千葉ロッテマリーンズに入団し、初年度から一軍としてチームに貢献し、同年の日本シリーズでは長嶋茂雄以来となる新人初本塁打を放つなど優秀な成績を納め最優秀選手賞を獲得。その後は故障や、成績が思うように伸びず年間を通しての活躍機会が減ったが、 15年は130試合に出場し、ベストナインとゴールデングラブ賞を獲得。 2021年に千葉ロッテマリーンズを退団。 2022年シーズンからはルートインBCリーグ所属の「埼玉武蔵ヒートベアーズ」公式解説者として活躍する。